2005年02月28日

仕事としてのM&A

今回のライブドアとニッポン放送・フジテレビの経営権争奪合戦はいろんな意味で刺激になった。
表立って出てはこないけれど、彼らを裏で支えているのは投資銀行だ。
債券を引き受けたり、株式取得についてアドバイスをしたり、新株予約権を発行させたり、発行差し止めの提訴を提言したり。
いかに的確なアドバイスをし、クライアントに有利なM&Aを達成するか。
M&Aは水物で債券引き受けのような着実性はないけれど、やっぱり惹かれる。
M&Aでは多くの場合、まさに会社の命運がかかってる。
つまり修羅場なわけです。
そういう死線をクライアントと一緒に乗り越えるような仕事ってすごく大変だろう。
だけどその死線を一つくぐるたびに大きく成長できるような気がする。
そりゃあハードワークなわけだ。
ファーストキャリアでこういう仕事をするのはすごくエキサイティングだなぁ。
M&A市場はまだまだこれからだしね。
そのためには待っててもだめ。
自分からたくさん勉強をして。
アピールをして。
どんどん攻めていかないと!
がんばるぞーーーー

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nao_hiko_/15258097
この記事へのトラックバック
 フジテレビが負ける原因を作ったのは日枝氏を始めとする、まことに有能なフジサンケイグループの役員の方々だ。  フジサンケイグループを作り上げた鹿内信隆氏は、日経連専務理事から専務としてニッポン放送にはいった。鹿内信隆氏はニッポン放送株を大量に取得し実権
フジサンケイグループのいびつな構造とライブドア【1喝たぬき】at 2005年02月28日 12:59
 TBについては、何人かの方に大変な御迷惑をおかけして、本当に申し訳ありませんでした。心よりお詫びいたします。TBを貼る時に、エラーが出てしまったため、何度かやり直しました。結局、エラーになってもTBは貼られていたようです。  今回のライブドアとフジの
今回は、TBで御迷惑をおかけした方々にお詫びします。【1喝たぬき】at 2005年03月01日 23:15
 トヨタは、フジが提示している買い付け価格の5,950円は市場価格(4日の終値は6,500円)を下回っており、トヨタ株主への説明が難しいと判断しTOBで株式をフジに売却するのをやめた。フジに5,950円で、TOBに応じた電通には株主に説明できるだけの圧力がかかったということか
フジとトヨタ、電通【1喝たぬき】at 2005年03月06日 08:39