2005年01月29日

心痛への処方箋

■表情を固める
何を見ても表情を作らないようにします。
人間の心と体は意外と繋がっていますので、落ち込んでいる時や元気のない際に、作り笑いでもいいから笑っていると心が軽くなります。
反対に表情を固めて、顔の一切のパーツを動かさないように努めると、心の波が立たなくなります。

■自分を客観視する
自分を後ろに2m、上に2m離れて観察するようにイメージします。
そうすると何か起こっても他人事なので動じることが少なくなります。

■もう一人自分を創る
外的要因に起因する感情の受け取り手を、自分の他に作ります。
何かを感じた際に、それは自分の痛みじゃなくて、自分の中にいる誰かが感じていることなんだと考えるようにします。
そうするとその彼(彼女)に同情こそすれども、やはり他人事なので痛みも苦しみも従来の2分の1くらいになります。

■意識的にタスクを増やす
自分のやるべきことを羅列し、それを始めからこなしていくようにします。
上記を踏まえながら行うと面倒くさいという感情さえもあまり起こらないのでテキパキ物事が進み、それに集中するため余計なことを考えなくなります。

■期待値を下げる
何にも期待をしないでいましょう。
何も求めないようにしましょう。
常に最低の状況を想定して日々を生活します。
いいことが起きたら幸運だと感じるようにし、何もなくても予想通りです。

■感情移入はしない
映画、小説、ドラマ、漫画等、主人公や登場人物、キャラクターは彼らなりの状況であると理解して、無闇に自分に置き換えたりしないようにしましょう。
あくまで起こっていることはその人物の事柄であると理解します。

■愚痴等を吐かない
感情を無闇に放出しないようにします。
自分で飲み込んで忘れましょう。

■睡眠、食事、性欲等は小まめに処理をする。
寝不足すると心が乱れやすくなります。良く寝ましょう。
空腹時は神経が過敏になるため、空腹を感じないように常に何か口にしましょう。
性欲がたまると妄想にふけ入りやすいので(特に男性)、あまり溜め込まないようにしましょう。

※上記は、痛みや苦しみを感じなくなる、または和らげる効果がありますが、その分、楽しみや喜びといった感情にも同じように影響が出ますので、あくまで緊急避難のために行い、乱用は避けてください。  

Posted by nao_hiko_ at 22:13Comments(3)TrackBack(0)

選択

もしもこのまま崩れてしまうなら
なにも言わずにがまんして、ギリギリまでがまんして、それで潰れてしまうくらいなら
思いのたけをぶつけて、それが受け入れられずに壊れてしまうほうが
いくらか前のめりかな

悩み事は、簡単に言うと、全部「あれも欲しい、これも欲しい」なんです。自分の欲望も大切、倫理観ある人間だというプライドも大切、さらに彼女も大切。そうではなくて、何がいちばん大切なのか、まずはひとつに決めてみなよ。で、それを徹底的に最後までやってみてください。その結果、後で間違っていたと思ったら、2度としないように反省すればいい。(高橋がなり)

選択の時  
Posted by nao_hiko_ at 00:51Comments(3)TrackBack(0)

2005年01月28日

おかえりなさい

(※一部に生々しい表現があります。エグイのが苦手な人は読まないでください)

僕は小学5年生の時に交通事故にあった
歯医者の帰り、横断歩道を走って渡っていたら、気がついたら空を見て横たわっていたのだ
起き上がろうとしても何故か起き上がれず、足を見たら左足膝から20cmほど下が直角に曲がり、傷口から骨が見えていた
その頃の俺は状況が全く飲み込めず、痛みというより訳が分からない恐怖でただただ泣き叫んでいた
母が駆け寄ってきて
「どうしたの直彦っ!」と叫んだ
俺の横に座り込み、母は動転していた
それでもどうしようもなく怖かった
救急車がやってくる
運び込まれるが、受け入れ先が見つからず出発しない
ようやく行き先を見つけ病院に着く
洋服は全部鋏で切られ、腕に点滴、脈拍・血圧計、膀胱には排尿用の針が差し込まれる
突然何人かが体中を押さえ込んだと思ったら曲がっていた左足を無理矢理まっすぐに戻される
ショックで気を失いそうになった
手術を開始しようにも手術室があかず、1時間以上待機する
少し離れたところで、母が隣家のおばさんに慰められていた
麻酔用の呼吸器が繋がれ、眠るように意識を失った

めざめると病室に運びこまれたところだった
7時間に及ぶ手術だった
首を少し持ち上げてみる
その途端に全身が燃えるように痛み出し、胃の中身を全て吐き出した
指を1mmたりとも動かすことができない
声を出そうとするだけでまた嘔吐してしまう
終わりのない激痛と嘔吐を繰り返し、一睡もしないまま朝を迎える
そんな状態が3日間続いた
そんな中でも、まだ左足があったことにほっとしていた

怪我名は開放性の複雑骨折。
(骨が二箇所以上で砕け、さらに骨が外気にさらされた状態)
成人男性で入院4〜6ヶ月、全治8〜12ヶ月程度。
二次感染を起こすと切断せねばならず、たとえ治ったとしても後遺症は免れない

だが育ち盛りだったおかげで、大怪我にも関わらずなんと2ヵ月半で退院した
いろんな痛みに耐え、足を切断したり、一生歩けなくなるような恐怖と戦った
車椅子に初めて乗ったとき、移動できる喜びを知り
松葉杖で外を歩いたとき、本当の色を知った
そして6ヵ月後、自力で立った
感覚障害等、軽度の後遺症は残るが、リハビリによってそれもなくなった
健康であること、それがどういうことなのか初めて分かったんだと思う




今日、大切な友達が東京に帰ってきた
彼は俺があの時に味わった何倍もの苦痛と恐怖に耐えて帰ってきた
交通事故にあった時、俺はこれ以上苦しいことはないと思うほどしんどかった
だけど彼はそんな俺の体験とは比べ物にならないほどしんどい体験をしてきた
再び家に戻ってきた彼と電話で話したとき、いろいろな感情が込み上げてきて、涙が流れた
彼がどんな苦痛に耐え、どんな恐怖と戦ってきたのかは想像しきれないけれど
あの時の苦痛や恐怖を何度も体験するって考えただけで体が硬直して身動きができないほど怖いし、それがゆえに本当に嬉しかった
心が割れそうなほど嬉しかった

世界は著しい不公平の上に成り立っている
僕がパスタを食べているのと同じ時に、彼は病と闘い意識の境を彷徨っていた
オリンピックで日本中が熱狂しているのと同じ時に、同じ日本人が心臓移植を受け、ただ歩くそのために血反吐を吐いていた
アメリカが大統領選挙で罵り合っているのと同じ時に、若いアメリカ人がイラクで命を落としていた
病院で新しい命が祝福されているその時に、津波で自分以外の家族を失った男は泣き叫んでいた

彼はこれからもがんばり続けるはずだ
僕らが当たり前のようにしていることを、彼は必死でできるようにがんばるだろう
そして時間はかかっても間違いなくできるようになる

それに比べて俺はまだまだ生きていない
何もがんばっていない
これだけの恵まれた境遇の中でのうのうと日々時間を潰している
負けないようにがんばらなくちゃいけない
今日、そのかけがえのない勇気をもらった

お疲れさま、そしておかえりなさい
早く顔が見たいよ
またたくさん笑いたい
だからせめて今は、ゆっくり、安らかに心と体を休められますよう  
Posted by nao_hiko_ at 01:15Comments(4)TrackBack(0)

2005年01月26日

SECOM、その前に

最近空き巣被害が増えてるようですね。
実際俺の友達も空き巣にあいました。
怖いねー怖い世の中だ。
ここは一つSECOMだ!
という前に…
Do it yourself!をオススメしたい。

なぜならうちも親が海外に行くってことでSECOMの導入を検討したことがあった。
だけど結局分かったのはあんまり意味ないなってこと。
だって泥棒入っても、警備員がやってくるのに10分以上かかるんですもの。(昼間なら20分以上)
空き巣の行動時間は最長5分だよ?
意味ないじゃーんって。
結局あのSECOMマークのシール分しか意味が・・・
それでいて毎月2万円近くも払えません。

そこでだ。
親を説得して自分でいろいろ購入して付けてみた。
SECOMに3年間で50万円以上払うなら、俺に30万円預けてくれたらSECOM以上の立派な防犯システムを作る!と。
詳しい仕様は防犯上お伝えできないのが残念だが、うちは結構厳重よ?w
何事も人任せにするのではなく、一度自分達でできることを考えてみよう。
驚くほどいろいろなことができるから。
多くの場合、最も出費がかさむのは1.人件費 2.ランニングコストだということを肝に銘じておこう。

ちなみにうちのホームセキュリティ方針としては
”空き巣から見たうちの優先順位を下げてもらおう!”です。
幸か不幸か、日本には空き巣にとってターゲットになりやすい家がたくさんあります。
俺でも本気で空き巣やろうと思ったら年間億単位で稼げる自信があります。
だからこそ、空き巣にリスクを計算してもらうのです。
「AさんとBさん、どっちもお金ありそう。
実際はどうかわからないけれど、Aさんはセキュリティが厳しい可能性が高いから、あまり何もしてなさそうなBさんに行こう」と思わせたら勝ち。
その点から考えればどういう防犯対策をすればいいのかが明確になります。
別にSECOMに来てもらう必要は全くないのです。

もっとも安く、もっとも効果がありそうな、極端な例を一つ。
■門に空き巣向けの張り紙を張る
「当敷地内に不正に進入し、結果として死亡、または日常生活に支障を来たす重大な後遺症を負われたとしても、当方では一切責任を負いません。」
あなたが空き巣だったら、この家、狙ってみたいですか?
俺だったら他の家にしますw

防犯グッズサイト  
Posted by nao_hiko_ at 00:07Comments(3)TrackBack(0)

2005年01月25日

追記:受け止めること

それでもそれを求めてしまうのは、きっとそういう付き合い方があるんだって知ってしまったから

自分の全てをさらけ出し、相手をまるごと包み込むような

それなのに最後の最後で心が折れて逃げ出してしまったから
本当に死んでもいいと思ったくらい後悔した後、もう二度と逃げ出さないと心に誓った

だけどそれを相手にも求めてしまうのは、もしかしたら独りよがりなだけかもしれないなぁと  
Posted by nao_hiko_ at 23:27Comments(0)TrackBack(0)

受け止めること

「なんでも話して欲しい」
って恋人同士でよく交わされるけど
それはお互いにとって本当に大変なことであることも分かっておかなきゃ
知らなくていいことも知ってしまうかもしれないし
変えたくても変えられないことがあるかもしれないし
話すことで互いにすごく思い悩んでしまうかもしれない

なんでも話すっていうことは相手に自分を全部預けること
なんでも話してもらうっていうのは、どんなことがあっても相手を受け入れるってこと

嫌な部分が見えてしまうこともある
自分の欠点を指摘されることだってある
そのことで悩むことなんてしょっちゅうあるはず
そういうことから顔を背けず、全部飲み込むだけの覚悟はあるだろうか
途中で拒絶したり、投げ出したり、耳を塞ぐくらいなら、始めからそんなことは言わないほうがまし
相手のことを思いやって、あえて何も言わない付き合い方もあるはずだから  
Posted by nao_hiko_ at 14:02Comments(4)TrackBack(0)

2005年01月23日

携帯でWeb

最近の携帯だとずいぶん快適にHP見れるのだね!
うちのブログにもQRコード(二次元バーコード)を付けてみて、せっかくだから自分の携帯で読み込んでみたら普通にブログ見れる!
記事や写真、コメントも問題なく読めるしね。
これでRecentコメントとか表示できたらもっと便利なんだろうが・・・
というわけでお気に入りのブログがあったら携帯で見てみよーう
意外と便利で面白いかも
とりあえず左下のQRコードを読み込んで見るのだ!

携帯でもパソコンと同じようにネットサーフィンできるようになったらいいのに。
パソコンのネットと携帯のネットの一番大きな違いは有料コンテンツの多さじゃないかな。
前にezWebで映画の上映時間調べようと思ったら、「月額315円〜」みたいなのがたくさん出てきて本当に面倒くさかった。
もうつかわねーよって思ったし。
細かい、大したことない情報でいちいちお金とろうとか辞めて欲しい。
携帯Webがいまいち使いにくいのはそのせいだ。
技術的なことより、コンテンツの貧困さのほうがよっぽど大問題。
最近通信料定額化したけど、見るべきものがなければ楽しくならないよね。

携帯でWeb,可能性なんてめちゃめちゃあるはずなのになー
  
Posted by nao_hiko_ at 12:05Comments(2)TrackBack(0)

キャッシュカード犯罪

ゴルフ場レイクウッドの支配人さんがキャッシュカード犯罪で先日つかまりましたね。
最近のキャッシュカード(CC)犯罪はすごいよー
CCを直接盗まなくてもポケットに入ってるカード情報をそのまま盗めるのだ!
つまり電車なんかでピッてとれちゃうの!
すごいよねーこわいねー
みんな気をつけよう・・・っていってもどうしようもないんだが。
必要以上のキャッシュカードは持ち歩かないように。。。

それにしても肝心の銀行はこの犯罪についてはほったらかし。
自分の懐は痛まないもんだから補償をするつもりなんかはさらさらなく、被害者は結構泣き寝入り状態です。
まったく日本の銀行は終わってるね。
先進国の中でも最低ですよ。
昔から国に保護されて甘やかされて。
融資にしても担保とれば安心してリスク管理なんかしないでバブルはじけて大損して。
ほんとしょうもない。
もともとは考える頭あったんだろうが、ぬるま湯とその傲慢な態度のおかげでもはや使い物にならず。

大体にしてキャッシュカードのセキュリティ、暗証番号システムなんかとうの昔に破綻してるわけですよ。
何百万〜何千万のお金を守るのにたった4桁の数字しか使わず。
カードなんて時代遅れの磁気カード。
それでいて顧客が被害にあったら
「適切なカードで、適切な暗証番号で引きおろされているので当行に責任はありません」
ほんと阿呆を通りこしてカスですよ。
経営努力もせず本人確認もろくにできないシステムにいつまでも乗っかって「責任」を語る資格なんてない。
そんなんだからいつまでたっても日本の銀行は変わらないんです。

アメリカ人の友人曰く、「アメリカでは銀行は証券会社に行くことができなかった人が行くところ」だそうな。
日本でも本当にそうなっちゃうよ?
もう一度顔洗って出直して来いと言いたい。

レイクウッド逮捕

ちなみにみずほ銀行が最近Suicaと連動した面白そうなカードを出すらしい。
ビッグカメラでも使えるようになったしねSuica。
面白くなりそうな種はたくさんあるんだからがんばってください。  
Posted by nao_hiko_ at 00:12Comments(0)TrackBack(1)

2005年01月21日

大学生活

大学生生活最後の授業が終わった。
最後はYellen先生の授業でした。
彼は俺が大学に入学した時にSFCに講師として雇われ、僕と一緒に教師を辞めます。
彼という教師を失うことはSFCにとって大きな損失になることだろう。
それでも最後の最後まで一緒に過ごせてよかった。
彼は本当に僕と同期なのだ。

あっというまの四年間でした。
すごくすごく楽しい四年間でした。
あっち見たりこっち見たり
迷って探して
見つけて突っ込んで
たくさんの楽しい思い出と
少しの苦い思い出
抱えきれないくらい最高なSFC四年間でした。
こうして最後の授業を終えたときに、「SFCに入って本当に良かった」って思えるくらいがんばれた自分に拍手。
支えてくれた周りの人に感謝。

SFCはいい大学だと思う。
設立当初のとげとげしさは大分なくなっているんだろうが、それでも面白い。
先生も生徒もみんなすごい奴ばっかりだ。
大学の授業もかなり楽しい十行が多いし。
研究会には素晴らしい仲間が集まったし。
彼らと四年間、数多くのグループワークを通して学べたことはすごい成長の機会になったし、今後の自分の未来の方向付けをしてくれた。

学生生活、悔いはない。
お父さん、お母さん、ありがとう。  
Posted by nao_hiko_ at 00:38Comments(4)TrackBack(0)

2005年01月20日

おもしろ掲示板

050119_1650~01.jpg研究会仲間の瑠璃からいただきました。 おかしすぎる(笑)   
Posted by nao_hiko_ at 12:23Comments(1)TrackBack(0)