2005年05月31日

もっともっと

今日は初めてお客さんのところに行って来た
というか初めて仕事で外に出れてそれだけでウキウキだった
あーいいなぁやっぱり
早く一人前に営業できるようになりたい
でも投資銀行でお客さん持てるようになるのはVP(ヴァイスプレジデント、上下から3つ目)になってからだけど、プレゼンやお客の前に立って仕事ができるのはもうすぐ先だからすごく楽しみ。
プレッシャーはあるけれど、そんな中だから得られる成長もある
本当にうずうずした!

---

なんか最近時間に余裕がある。
配属されてしばらくがめちゃめちゃ忙しくて。
だから最近がすごく余裕に過ごせる。

自分でもきついと思う負荷を与えてると、どうにかして体も順応しようとする。
風船とは言わないけれど、革みたいに少しずつ伸びるのです。
それが成長と言えるかはわからないけれど、少なくとも自分がどれだけのキャパがあるかは知ることができる。
限界はギリギリのラインまで立たないとわからないだと思う。
意外と先にあることが多い。

これだけ毎日大変だけどまだまだ限界ではない気がする
今まで生きてきて大変だったことはいろいろあるけど、限界だと思ったことはほとんどない
心の中で、いつも「もっとできるはず」って思ってる  

Posted by nao_hiko_ at 01:44Comments(5)TrackBack(0)

2005年05月29日

夢の集う場所

今日は日本ダービーでした。
日本ダービーとは競馬の日本一決定戦みたいなもんです。(俺は其の程度の理解です)
たまたま実家に帰っていて、見ることができた。

いやいやすごいレースでした。
ディープインパクトっていう馬がいるんですけど、こいつがもうめちゃめちゃ強いんですっ!
実力も人気も、今までの競馬会で歴史に残るぐらいすごいのです!
実際すごい勝ち方。
大外から一気にトップに躍り出て5馬身くらい離して圧勝。
すげー!!!

いや、競馬はそんな詳しくないんです。
馬券買ったこともないし。
でもね、競馬ってなんか夢があるんだ。
馬じゃない?生き物だからさ、競走馬として成功していくためにはほんといろんな人が汗流してがんばるわけです。
大舞台で目立つのは騎手と馬だけだけど、馬が多くの時間を一緒に過ごしているのは厩舎で毎日世話をしてくれてる人や、調教師さん達。
やっぱり愛情注がなきゃだめなんですよ。
地道な訓練と体調管理と世話をずーっとするわけです。
そして年に何回もないレースに向かうわけです。

その頂点の一つが日本ダービー。
何百時間、何千時間、何万時間っていういろんな人の汗や、希望や、夢がほんの2,3分のレースに全部詰まってる。
すごい濃密な数分間。
国歌独唱で始まり、ファンファーレが鳴り響き、ピットインする。
一瞬静かになった次の瞬間ゲートが開いて一斉に馬が飛び出す。
そして14万人の人が、大歓声を上げながら応援する。
ゴール前とかもう涙が出そうになるんです。
がんばれー!!!ってほんとに応援してしまう。
で勝った瞬間。ほんとやばい。
テレビで見ててこんなにやばいんだから、会場はきっともっとやばいんだろうなぁ。
育ての親とか本当に嬉しいんだろうな。
あー。。

どんな時も、夢の集う場は感動的だ
甲子園、箱根駅伝、ワールドカップ、オリンピック・・・
いろんな人の想いがつまってて、ぐってひきこまれちゃう。

うーんいつか会場に行ってみたいな
きっとすごい迫力なんだろうな

とりあえずディープインパクト!この名前だけは覚えといて!
すごい小柄なんだけど、本当にかっこいい馬なのです!

ニュース記事  
Posted by nao_hiko_ at 21:34Comments(2)TrackBack(0)

衝動買い

050529_0002~01.jpgニンテンドーDS! ついに買っちゃったー!   
Posted by nao_hiko_ at 00:04Comments(5)TrackBack(0)

2005年05月28日

金曜の稲妻

ここ3日ほど「溝」にはまっていた。
ちょうど一つのプロジェクトが一段落し、他のプロジェクトが延期になったりとまったりで。
先週まですごい忙しかったのに、本当に突然手が空いてびっくりだった。
いろんな先輩に、手伝えることを聞いても特になく、しょうがないからいつもは夜中の2時とか3時からやる勉強、研修の宿題を昼間からやってた。

昨日、金曜日の22時、初めてのゆとりの週末を楽しもうかと思って妄想にふけっていたまさにその時、それは突然やってきた。

ポンっ

肩を叩かれる。
びっくりして振り返ると、オフィサーが笑顔で立っていた。

「〜君、調子どう?」
続けて
「火曜までの急ぎの仕事があって、猫の手も借りたい状況なんだけど動ける?」

火曜まで!?今から?それも0から!?

「もちろんです!」

ちーん

週末の予定が決まりました。。。


でもそんな稲妻が快感だったのは、僕がまだフレッシュだからか、はたまた真性Mなのか・・・w
とりあえず今から出勤してきまーす  
Posted by nao_hiko_ at 10:58Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月27日

1年

今日仕事してたら、来年仲間になる大学生達をかこってパーティしてた。
あーそういえばもう一年たったのかーなんてありがちな回想をしてしまった。
不安と期待が入り混じっていたね。

こっちの世界は思ってるよりずっとエキサイティングだよー
だから早く来る必要は全くないけど、楽しみにしておいで◎
めくるめくワンダーランドが・・・w

焦る必要はこれっぽっちもないので、とにかく学生という時間でしかできないことを考えて、たくさんチャレンジするといい。
その時間はそれはそれで、すごく素晴らしいので。(社会人が素晴らしくないという裏返しでは全くなく)
いろんな場所に行って、いろんな人と会って、いろんなことを語り合って。
小手先の知識を身につけるのではなく、人間として大きくなれる一年間にしてください☆

素晴らしい仲間になれる日を、心から楽しみにしているよー  
Posted by nao_hiko_ at 00:31Comments(2)TrackBack(0)

2005年05月26日

生きるということ


まずコメントをくれた方々、ほんとうにありがとう。
今まで書き込んでくれている方も。
基本的に会社からはライブドアや2chを初め、多くのWebがブロックされていて、なぜか記事の投稿はできるのだけれど書き込みはできないのです。
なのでレスが遅れてしまいがちだけど、ちゃんと仕事から帰ってからするのでお許しを。
でもすごく励まされています。ありがとう。


今度ある本の一ページに載るらしくて、その記事のお題で「あなたのコアとなることを3行の言葉にまとめてください」みたいなのがあったんです。
いい加減なことを書きたくないのでいろいろ考えているんだけど、ちょっと最近つまり気味。
っていうか忘れている気がします。

就職活動をしてる時って、学生でありながら片足を半分社会に突っ込んでいて。
でその突っ込んでみた足が感じる温度とか、心地よさとか、刺激とかを確かめながら、自分が飛び込んでみようと思える場所を探しているわけです。
現実がどうかはさて置き、学生にしてみるとその飛び込む場所はあたかも人生を方向付けるかのように重大な選択に見えます。
だから自分の過去を振り返り、今どういう状況にいて何を望んでいて、将来的にどうなりたいのかってことを、有り余る時間を使ってくそ真面目に考えていました。
そして就職活動では、考えているだけじゃなくて実際に相手に語らなければいけません。
語るからには語るだけのものを自分でしっかりと持っていなきゃいけないので余計真剣に考えるのです。
で就職活動が終わりに近づいたころにはだんだん自分の中でも固まってきて。
考えなくても語れるようになったのです。

そして社会人になりました。
いろいろなことが変わりました。
学生の頃は選択肢が無限でしたが、今は過去に加え、現在と近い将来までが決められています。(もちろん将来は変えることもできますが)
時間も有限で、湯水のように使うことはできません。
自分の行動に目に見える形で責任が伴います。
口座に毎月のバイト代とは比べられない額が入ってきます。
馬鹿みたいに寝ていたけれど、今は平日3〜4時間睡眠です。
そういう大きな事から小さな事、現実的な事から概念的な事まであらゆることが変わるのです。
その急激な変化のおかげで、良くも悪くも見失ってしまったのだと思います。
昔考えていたことを。
もしかしたら変わってしまったのかもしれません。

でもそれはそれで自然なことだと思うのです。
環境が変われば少なからず自分も変わります。
大切なモノもちゃんと触れていないと見えなくなってしまいます。
だからいつも自分に語りかけるんです。
そうしなくても時間は過ぎていくのだから。
流れに乗っかっていても、自分の将来への舵をとるのはいつも自分でありたいのです。
してもしなくても何処かに着きます。
それでも何処に着くかはしっかり見定めていたいのです。
例え始めに思い描いていた所と違ったとしても、それが僕にとって”生きる”ということだと思うのです。

今の自分はかっこいいだろうか。
数年後振り返ったとき、後悔していないだろうか。
自分の歩んでいる道はどこに繋がっているんだろうか。
そしてどんな自分でいるんだろうか。
仕事とは。恋人とは。友達とは。家族とは。
どう生きたいか、そしてどう死にたいか。
自分にとっての幸せってなんだろうか。

そんなことを考えていたら、心が不思議と静かです  
Posted by nao_hiko_ at 14:38Comments(10)TrackBack(0)

2005年05月25日

hitori

おにぎりかじりながら涙が出そうだった
がんばれじぶん

追記
こんなときに限って結構手持ち無沙汰
勉強してよーっと  
Posted by nao_hiko_ at 08:27Comments(3)TrackBack(0)

2005年05月23日

MISIA


MISIA SINGLE COLLECTION ~5th Anniversary (SACD-Hybrid)

最高にいい。
正に名曲集。
一曲一曲がもう。
なんていうか、ぐっとくる!
デビューしたのは98年くらい?
つつみ込むように…がデビューシングルとか言ってぶっとびますよ。
初めて聞いたとき耳を疑いました。
MISIAの楽曲ももう何年もずーっと聞いてる。
色あせなさっぷりがすごい。

↓のMARS & ROSEは一枚のアルバムとしてMISIAの中で一二を争うぐらい素晴らしいと思う。
なかでも "SNOW SONG"のライブバージョンが最高。
何がすごいって、歌うクオリティがCD音源にも引けをとらないんですよ。
むしろ臨場感がある分かなりすごい。
一発取りでもCDにできる。
これは本当にすごいことだよ!
多くのアーティストは、CDを収録するときに何回も取り直し、編集の果てに一つの作品としてできるのがCDアルバムです。
だからライブになると、ライブ=CD−一発取りクオリティ+臨場感で120%のパフォーマンスになるんだけど、MISIAはCDのクオリティをキープしたままライブができるからすごい。
絶対ライブすごいんだろうなー何度もチャレンジして結局一度も行けていない・・・。
死ぬ前に一度でいいからMISIAのライブをば・・・。


MARS&ROSES (CCCD)  
Posted by nao_hiko_ at 01:22Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月22日

スタバな日曜日

050522_1535~01.jpg朝から缶詰でヘロヘロです。
ほんと受験生…。

全然関係ないんだけど伝統ある会社が新しいブランド立ち上げるのって効果的なことって結構あるよね。
それも実は!って感じのが。上島珈琲店(UCC)、CREDORE(SEIKO)、LEXUS(TOYOTA)、QUALIA(SONY)、AMO'S STYLE(あってる?トリンプ)…あげればきりがないけれど。伝統がもたらす信頼と新鮮さがうまい具合いにからんでる。QUALIAやレクサスはプロデューサーが周知だと思うけど「TOYOTAはイマイチだけどレクサスなら…」って選好が起こりうる。
うーん絶妙。



さて勉強勉強
思うに世の中にある勉強の大部分は頭の良さなんていらないんではないか。
必要なのは投げ出さない忍耐。
長時間繰り返す忍耐。
忍耐。
大学受験とかはまさにそうだと思うんだけど、よっぽどの研究職とかにならない限り、単純な勉強は時間を投入できればできるようになる。
んじゃないかなー俺・・・  
Posted by nao_hiko_ at 15:53Comments(15)TrackBack(0)

2005年05月21日

紹介せずにはいられないHP

すべての脱オタクファッション志望者に捧げるメッセージ

笑ったーw
自分も中高6年間男子校で、似たような風景があって、すごいリアルでおもしろかった◎
別にオタク系ファッションでも全然いいとおもうけどねw個人的には。

まだHPちゃんと見てないけどとりあえず紹介!

追記(10分後)
超おもしろいw  
Posted by nao_hiko_ at 21:25Comments(0)TrackBack(0)