2005年07月19日

取り急ぎ

生きています
毎日大変だけどなんとか踏ん張ってます

日本食が恋しいなぁ  

Posted by nao_hiko_ at 06:32Comments(7)TrackBack(0)

2005年07月09日

努力の果てに

週末。
3ヶ月間の仕事で培ったタフネスを発揮して4時半に泥酔就寝9時半起床。
近くのカフェで、フランスと香港の友人と東京チームでブランチをする。
みんな面白い人ばっかりで会話も盛り上がる。
天気はいいし。
平和だなぁ。

研修に参加する前からうすうす思ってはいたが、学歴的には僕は底辺だ。
一緒にいた香港人の同期はオックスフォードに留学し、3ヶ国語を話す。
フランス人はケンブリッジを飛び級して卒業し、国連でインターンをしてきた。
そして二人とも同い年。
コンプレックスを感じないといったら嘘になるけど、そこはモチベーションに変えるからオッケー。

その後3年越しで見たかったAmerican Ballet Theatre”ABT”のチケットを取る。
しかもSWAN LAKE!
ずっと見たくてしかたがなかったのです。

その後セントラルパークを散歩。
本当にほのぼのとして、綺麗過ぎて言葉がでなかった。
現実と遠すぎるよー。

買い物をして、ホテルに戻り、ドレスアップしてバレエに繰り出す。
ぎりぎりに到着したけど、なんと最前列!
前のほうがいいってわけじゃないけど、やっぱり近くで見ると全然違う。
すごい。
ダンサーの呼吸まで聞こえてくる。
一つ一つの動きが本当に考えられないほどレベルが高くて、息を呑むほど綺麗で。
ところどころで感情が揺さぶられて今にも涙が出そうだった。
ブラボーって叫ぶ人の気持ちが初めて分かった。
スタンディングオベーションする人の気持ちが初めて分かった。
礼儀でしてるんじゃなくて、そうせずにはいられないんだね。
体の内側からそうしてしまうんだ。

カーテンコールで拍手と花束を客席から受けるダンサーを見て泣けてしまった。
こんなにダイレクトに感動させて。
全身に感謝と尊敬の拍手と歓声を受けて。
あぁなんて素敵なんだろうって。
血の滲むような努力も、あそこに立てる幸せがあるからできるんだろうな。

僕の仕事は誰かを感動させるだろうか。
がんばった果てに、残るものはなんなんだろうか。
この仕事をずっと続けていくことはできるのか。
そんなことをずっと考えてた。  
Posted by nao_hiko_ at 08:08Comments(3)TrackBack(0)

2005年07月08日

コミュニケーション

研修二日目

8時15分に集合。
バスに乗り込む。
NYから2時間ほど移動すると、森の中に研修施設が登場。
え?
これ全部うちの会社のですか?
ありえないくらいでかいんですけど・・・。
イメージ的には御殿場アウトレットモールくらい。
大自然の中の研修施設。
すごーいよー

研修施設にあるアメリカンなビュッフェで朝食を取る。
そのあと偉い人のウェルカムスピーチを聞いて、いよいよ研修開始。
今日は実質初日なのでチームビルディング。
15人くらいのチームに分かれて、グループワーク。
全員で大きなパズル作ったり、迷路ゲームしたり。
どれもこれもちゃんと目的があって、リーダーシップとチームワークを発揮しないとクリアできない。
みんな結構真剣にぶつかり合って、フィードバックして、また違うのやって。
そんな感じで午後いっぱいを過ごした。
でBBQ食べてNYへ戻る。

なんにしてもコミュニケーションが大変。
外資投資銀行に入社したにも関わらず、純国産で留学経験もないからこんなに英語に囲まれて長時間過ごすのは初めてなのです。
恥ずかしながら。
だから本当に大変。
普通の会話ならまだしも、チームビルディング中はみんな輪をかけて早口になるし。
リーダーシップ取るどころじゃないですよ。
キャッチアップするので精一杯。
次から次に入ってくる情報を変換して理解して。
それでも自分が貢献できるところを探してぶつかって。
抱えてることはたくさんあるのに、それを表現できなかったり前に出れなかったりする瞬間が5秒に1回くらいあって本当にもどかしく、悔しかった。
やってることは難しくないし、明らかに非効率的に動いててもうまく修正できないし。
TOIECとかTOFELとかあるけれど、リスニングで満点取れてようやくスタート地点くらいだと思う。
本当に仕事として使っていくつもりなら。
くっそー
こんなんで躓いてられないよ

夜は疲れた体に鞭を打ってクラブに繰り出す。
たくさん踊って飲んで踊った。
香港オフィスと仲良くなり、明け方4時くらいに帰宅。
  
Posted by nao_hiko_ at 07:54Comments(2)TrackBack(0)

2005年07月07日

コメント

してくれてありがとうございます!
いつもいつも本当に励まされているし感謝しています。

ただ会社のセキュリティ上の関係で、ブログの更新はできるけど、コメントの書き込みははじかれることが多くてなかなかコメントできてませぬ。。。

必ずレスしていくので、懲りずにまた書き込んでいただけたらと思います。
これからもよろしくお願いします。  
Posted by nao_hiko_ at 10:21Comments(0)TrackBack(0)

大企業

研修初日

Welcomeの言葉をいただいて、PCトレーニングを少しした後、本社を見学して終わり。
お昼くらいにはもう自由になる。
夕方おしゃれなレストラン(かなりでかい)に再集合してパーティ。
お酒片手にいろんな国のいろんな人とコミュニケーションをとる。
NY、ブラジル、スペイン、ドイツ、ロンドン、香港、北京、東京のアナリストと話す。
自分の働いている場所が本当に一部でしかないんだなと実感。
そして東京の同期は約20人しかいないけど、世界中に450人もいるということにびびりつつも感動。

TOKYOオフィスはそもそも1000人くらいしか働いていない上に、うちの投資銀行部門は他部署とかかわる時間が少ないから、すごくこじんまりしてる。
だから大企業の中で働いているっていう意識は全然ないのです。
しかしこうして450人の新卒が一同に集まって、ワールドワイドの社長がWelcomってスピーチしてるのを見ると、自分はとてつもなく大きな会社の一部で働いているんだなってことを実感した。
今までは大体100分の1だった。
でも実際は50000分の1でしかなかったのです。
こういう機会がなかったら、ずっと気づかなかったんだろうな。

その後TOKYOオフィスで周りにいるアナリストを巻き込んで踊り始める。
スピーカーの前でがんがん盛り上げる。
お酒もいい具合に回って、いろんな国の人が入り混じって踊る光景はなんだか壮大だった。  
Posted by nao_hiko_ at 10:07Comments(3)TrackBack(0)

ビジネスクラス

ビジネスクラス乗りましたよー
いやいや本当に感動です
びっくりした

まずシートが違う!
寝れる!
全自動で、リクライニングはもちろん、首の位置、腰の位置、足の位置なんかを自由に変えれるのです
すごく快適
でもベッドモードにしても足がはみ出てしまったのはちょっと・・・

あとご飯!
おいしかったー
コース料理ばりです
エコノミーの料理、何でもう少しよくならないんだろうって毎回思ってたけど、ビジネスやファーストにお金をかけてるからなんですね
そりゃあ払ってるお金が10倍以上違うんだものね
料理も違いますわ

ドリンクも好きな時に好きなもの頼めるし
軽食なんかもちょくちょく出たりして
映画も自由に見放題
あっというまの13時間でした


ところでアメリカ本当にセキュリティ厳しいんだね
入国審査で指紋取られましたよ
写真も取られました
ていうか入国審査1時間かかるってどういうこと?
すごいイライラした
もうちょいなんとかならんかねー
あと割り込みするおじさんたち
ほんとどこかに行ってほしい

そんなこんなでNYに無事つきました
やっぱこの街は刺激的だなー
空港でのイライラが飛んじゃうくらいワクワクするよ
勉強もいいけどたくさん街を歩きたいな

さぁNY生活のはじまりだい!  
Posted by nao_hiko_ at 03:51Comments(3)TrackBack(0)

2005年07月05日

The Wall Street Diary

明日からしばらく pico a pico "The Wall Street Diary"になります。
乞うご期待っ!  
Posted by nao_hiko_ at 07:02Comments(6)TrackBack(0)

2005年07月04日

縁を辿りて円となす

今日は友人が交流会(飲み会?)に招待してくれたので行ってみる
久しぶりに知らない人と色々話した

なんかあれだね
話していても、自分に興味がないんだろうなーこの人はっていうのは感じるね
なんか手ごたえがないっていうか
僕が特別敏感なわけではないと思う
僕もたぶん相手に興味がないときは、相手も感じてるんだと思った
実際自分に興味を持ってくれない人と話してもしょうがないと思うし、きっと逆もしかり
小さなことでも伝わりますよ
気をつけましょう

その後、恩師かつ同級生の家のパーティに参加
彼自身、もう一生分稼いでしまったような人で、教授することは人生の楽しみのためって感じの人
すごく魅力的で楽しくて、可愛らしいおっさんだ
弟さんも前にワシントンポストかなんかの表紙に載ってたなぁ
身近に話すと意外と普通のおじさんなのだが・・・
あとウォールストリートのヘッジファンドマンとシアトルの大学教師と話す

世界にはいろんな人がいるね
楽しいや
日本は大好きで、日本で働いて日本で暮らしたいと思うけど、広い世界に出て行く時期があってもいいと思う
全然違う環境で育った人と話すのはいつも刺激的だ
ちょっと手間取るけどね実際はw

誘いは極力断らない
”縁”
人生でとてもとても大切なものの一つです  
Posted by nao_hiko_ at 01:50Comments(4)TrackBack(0)

2005年07月03日

線が細い

研修のレビューが返ってきて、その中のコメントに
「線が細い印象を受ける」
と描いてありました
続けて「が、育ちの良さと理解」と
意味がよく分かりません
繊細?弱い?うーんなんだろー
誰か教えてください

研修でのテストの結果は満足◎
まぁ若干ケアレスがあったけど、ほぼ文句ないできでした
来週からの研修もがんばろう
勉強はして損することはないしね

今日、明日と仕事が山場だ
がんばろう  
Posted by nao_hiko_ at 12:11Comments(5)TrackBack(0)

2005年07月01日

卓袱台返し(ちゃぶだいがえし)

一週間かけて作ってきたプレゼンの前提条件が覆る
一番いいたいメッセージが言えないということが判明

数字ってほんと怖い
ソースによって、いろんな仮定、前提条件を元に集計してあって
それをきちんと確認しないと、同じ項目でも全然違う数字が出たりする
それにそれら自身では意味があったとしても、他のソースとあわせたりすると意味がなくなってしまったりもする
だからどんな時もソースチェックは本当に神経質になる

タイプミスも漢字を間違えるくらいかわいいもんだけど、数字間違えるのは洒落にならん
さすがに2000億円と2兆円のミスなんて直ぐに分かるけど、意外に隠れやすいのが500万と5000万とか、5億と50億とか
ぱっと見で、あーそんなもんなんだーって思っちゃう
全部チェック
二重三重に
一文字の間違えが致命的なミスになる

さてさてどうするか

めまぐるしくて目が回りそう
っていうか回っちょる

情報の海を泳ぎきれ  
Posted by nao_hiko_ at 10:41Comments(2)TrackBack(0)