2005年09月15日

積み難く、崩れ易く

25d3d050.jpg仕事を片付けづけて新宿へ
約束をほかされ一人でラーメンを食べてオフィスへ

信頼を積むことは容易じゃないのに、崩れさる時はほんの一瞬
肝に銘じて仕事がんばろう

  

Posted by nao_hiko_ at 22:21Comments(0)TrackBack(0)

やせた

最近いろんな人から、会うたびに「やせたねー」って言われる。
Bankerは仕事を始めると太る人とやせる人がいるらしいのだが、僕は明らかに後者だ。

何故やせるかのか。

まず食事が不規則すぎる。
僕は朝ごはんは必ず食べるようにしているが、お昼は取ろうと努力すれども取れない時もある。
特にデッドラインがお昼過ぎだったりすると、お弁当を届けてもらったにも関わらずデスクの上で夕方まで放置されたりしてるのだ。
よるご飯も同様。
ひどい時なんかは、お昼食べれず、夜も食べれず、夜中の3時にチームでご飯食べに行くとか。
しかもそういう時はかなりがつんと食べるので、朝ちょっと気持ち悪い。

そして活動時間が長すぎ。
寝てりゃお腹減らないのに、いつも朝方まで起きてるからエネルギー消費してお腹が減る。
徹夜すると朝方お腹減るでしょ?あれが毎日な感じ。

さらに運動できなすぎ。
毎日座りっぱなしですもの。
体鍛える時間があったら寝たいというのが本音。

やばいなーなんとか対策立てないと・・・。
ちなみに現在は180cm代後半、60kg代前半です。50Kg代なんかに突入しようものなら・・・なんて考えるだけであぁ恐ろしい  
Posted by nao_hiko_ at 11:35Comments(6)TrackBack(0)

2005年09月14日

見栄もプライドも

「なぜ高学歴女は売れ残るのか?」

非常に面白かったので是非一読を↑
ちなみに僕の同期(文句なしの高学歴女性)にヒアリングしたところ、ほぼ全員がうなずき、笑い、ひきつっていました(w

くだらないなと思いつつも、実際周りの目、見栄とかプライドとかに縛られてることって多いよね。
自分がやりたいようにいつもできるならどんなに楽なんだろうってよく思う。
恋愛事にしても、自分が面食いな原因は「自分の意志」と「見栄」とで半々か見栄のほうが高いくらいだし。
中身が大切だなんて嫌というほど分かっているけれど、そこのハードルは中々下げれないのです。

日々の生活、仕事にしたって拘束されてるなーって感じること多々。
だもんで、いっつも振りほどこうとするんだけど、その度に本当に「自分がそうしたいから」なのか、「縛られたくないから反発してる」だけなのか分からなくなることが多い。
ただいつも自分の好きなようにやっていたいだけなんだけどね。

  
Posted by nao_hiko_ at 17:35Comments(5)TrackBack(0)

2005年09月13日

一仕事終えて

先週初めてのエグゼキューションをやり終えた。
いろんなことがあったけど無事にプライシング(値付け)が済んで、朝方チームメンバーでシャンパンを空けたときは、なかなか感慨深かった。

この二週間本当に忙しくて、深呼吸する時間もなかった。
最後の二週間は40時間オーバーの日が大体5日あって(計10日オーバーナイト)、平日だけで労働時間が100時間を余裕で越えた。
極限状態の中で数字のチェックを繰り返し、低下する集中力を必死に支えた。
30種類以上あるドキュメンテーション。
何百ページに渡る修正、チェックの繰り返し。
ゴールが見えず、目の前の仕事を一つずつこなしていくので四苦八苦。
抜けてってもかまわないから、とにかく分からないことは端から頭に詰め込んでった。

まさに修羅場。
よく越えたよほんとに。
自分の未熟さにはほんと頭が痛いけど、それでも少しは成長したのかな。

それと自分の仕事がメディアに載るのはやっぱり嬉しい。
各種新聞で自分たちの成し遂げた仕事が公開される度に、こうなんて言うか、熱い思いが胸にくるのです
やったぞーって。

さぁ一山登ったぞ。
次はなんだー  
Posted by nao_hiko_ at 01:26Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月11日

葛藤

18d35ba9.jpgどうにもならない想いを抱え続けることで、成長していくという側面もあるということ
それを望む望まないに関わらず

月日を重ねることであらゆる記憶の輪郭がぼけていくならこんなに楽なことはない
人は忘れることの出来る生き物だけど、忘れるモノを選択出来る訳じゃない
抱えて歩かないといけないモノだってたくさんある

放り投げるのは簡単だけど、それで楽になるわけでは決してないと思う
向き合うのを止めて中途半端なまま逃げ出すならならそれは後悔にしかならないんじゃないか

いつか死んでしまうその時に、悔いを残していたくないから毎日を精一杯生きてる
でも時々あまりに苦しくてさ
息ができなくなるよ

神様、これからもがんばりますから、精一杯生きていきますから、だからどうか一つだけ
  
Posted by nao_hiko_ at 15:42Comments(4)TrackBack(0)

2005年09月05日

晩餐

ce438ce7.jpg

今まで育ててくれてありがとう
無事にこうして一人で立てるようになりました
家族の中だけで育ったわけではないけれど、僕の中の大きな部分を父と母によって育ててもらいました
たくさん同じ時間を過ごし、喧嘩したり、叱られたり
そしてそれ以上に毎日いろんなことを話しました
その一つ一つの時間が重なって今の僕を作っています
伝えきれないほどのありがとうを
とてもとても大切です

場所は銀座、店は”かねさか”(寿司)
僕にとってはそう簡単にいける店じゃないけれど
細かな気遣いととても丁寧な仕事をしてくれて、素敵な美味しい時間を過ごせました

なにより母が嬉しそうに食べてくれて、その喜ぶ姿がもう
あぁこの人の子供でよかったなと思いました  
Posted by nao_hiko_ at 21:37Comments(2)TrackBack(0)

2005年09月02日

晴れ時々気だるさ

仕事は基本的に学ぶことばかりで、量もプレッシャーもかなりエキサイティングなんだが、時々なんともいえない気だるさに襲われる
その原因の一つはきっとお客さんの顔が見えないからだと思う

”お客さん”は一体どんな人なんだろう
どんな顔をしてるんだろう
っていうか声さえ知らないよ
彼らが何を望んでいて、何を思って僕らと仕事をしているのか
僕が週に100時間以上費やして作り上げる仕事は、彼らにとってどれだけのものなんだろう
”情報”はあるけど、彼らの”感情”は何も感じられない

文章とメールの上だけに存在している存在
こんにちわ
お元気ですか
本当はいないんじゃないかとさえ思えてくる

でも仕事はいつも山積み
ただただ目の前の作業に没頭するしかない
それはそれではかどるけれど楽しくはない
表情がどんどん固まって、そのうち仮面になってしまいそうだよ

お客さんが喜ぶんならどんなShit workだってがんばれるんだけどなー  
Posted by nao_hiko_ at 01:19Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月01日

一山越えました

山の大きさは越えてみないと分からないのです
今になってようやく自分の歩いてきた道が見えました

さぁラストスパート
がんばるぞっ!  
Posted by nao_hiko_ at 23:39Comments(0)TrackBack(0)