2005年04月30日

仕事ができるということ

学生時代のできるやつって、基本的には頭のいい人じゃない。
まぁグループワークとかやるんだったらまたリーダーシップとかでてくると思うんだけど。
でも社会人になって、仕事ができるというのは結構質が違う。(少なくとも投資銀行においては。)
一番必要なのは、五月雨式に降り注ぐ仕事をいかに処理できるかってこと。
ようは情報処理能力であり、セルフマネジメントだね。

新卒の早いうちから平均2,3個のプロジェクトにアサインされる。
それぞれにいろんな下積み仕事がある。
それら一つ一つはそんなに難しくない。
でも要領よくやらないと終わらないのです。
それぞれのタスクにしっかり優先順位つけてやってないと、別の仕事が降ってきた時に、受けるor断るもままならない。
望めば仕事はいくらでもふってくる。
自分がする仕事の量は自分自身にまかされている。
できないときはちゃんとできないって言わないとあとで大変なことになるしね。

そういうような自己管理能力っていうのがすごくすごく大事なのです。
振られた仕事を整理して、番号をつけて、使えるリソースを使って、いかに速く、大量に、かつ正確にこなしていくかが勝負。
仕事のできる人は、創造性うんぬんの前にそれができる人なんだなぁとつくづく実感した。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nao_hiko_/20054949
この記事へのコメント
お初です。堀江氏のお仕事Blogから来ました。

文脈から察するにお若いのに、非常に良い事書いてありますね。
改めて教わってしまう事が多かったです。感謝感謝^^
自分は仕事が遅いので、娑婆は休みのこんな時間でも仕事が終わらない止まらない・・・ですよ。

社会人として仕事が新鮮なうちは処理の仕方と言うのが相当に重要な部分を占めると思います。
段々なれてくると、夢とか希望とかがモチベーション維持の最後の砦、引いては仕事の出来になるんじゃないかと思う30代前半のわたくしです。
はい
Posted by らべる at 2005年04月30日 21:47
お初にお目にかかります。
書き込みしてくれてありがとう☆

いやそんな感謝なんてされるほどのものでもないんで・・・w
恐縮ですよー。
僕も仕事の効率悪くて困ってます・・・ほんとに。
まぁ始めだからしょうがないっていうのもあるんですけど、連休中も基本的に仕事にでてますよー。
早くもうすこし上手くできるようになりたいです。

らべるさんはベンチャー企業でがんばってらっしゃるみたいですね!
ブログ拝見しました。
僕の先輩もついこの前ベンチャーに移るために転職されました。
代理業じゃなくて、自分でリスクがとれるような仕事をって。
僕もあこがれます。
今度いろいろ教えてくださいね!

また書き込みしてくださーい◎
Posted by ナオヒコ at 2005年05月01日 03:34
Great idea of your article. We are fully agry with you. Maybe you can talk more for us.
Posted by rape movie at 2006年04月02日 07:36