2006年01月31日

見えぬ心

なんで投資銀行で働きたいんですか?

-社会に貢献することが目標だからです
-財務戦略に興味があるんです
-資金調達がやりたいんです
-投資がしたいんです(?)

ご立派
素晴らしいね
でも本当にそうなの?ってよく思う

社会貢献をすることが、財務戦略に携わることが、本当に自分のモチベーションになり、大変な時に自分を動かすモチベーションとなりえるのか
もし本当にそうなら、今までに、その動機に応えるような、どんな経験を積んできたのか
そこに説得力がないなら、言葉はただの飾りでしかない

自分が何に喜びを感じて、何を大切にしてこれから働き、生きていきたいのか
逃げずに見つめ、振り返っては考え、考えては思いを描き、描いては見つめる中でしか見えてこない
答えはもしかしたらすごくシンプルかもしれないし、すごく格好悪いかもしれない
でもそれが己を知ることであり、精一杯生きるということなんだと思う

自分に正直に、人には誠実でありたいと日々思う  

Posted by nao_hiko_ at 02:48Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月29日

緊急招集

スクランブルスクランブル

電話を受けた隊員はすぐに本部に集合せよ

はい、チームの顔を覚えて!

よーいドンっ!

走れーーー  続きを読む
Posted by nao_hiko_ at 19:12Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月28日

Pと愉快な仲間たち

夜中の3時

ニコニコしながらハッピーターン(お菓子)を配って回る同期O
NYに面倒くさい電話をかけなきゃでダルがってる同期に「冒険だと思ってさ!」と分けの分からない励ましをする同期J
GCの誘いに乗り遅れて「今メール読んだんだけど…」とあわてて電話してくる同期S
帰って寝るか、飲みに参加しようか迷ってるんだよねーといいながら30分くらい立ち話でケラケラ笑う同期U
「そういえばNYのバンカーに頼めばなんとかなると思ってさー」とわざわざ飲み屋から帰ってきて「オフィサーにばったり会ってこんな時間に飲んでんの?ってつっこまれたんだけど」と苦笑ってる同期K

彼らと一緒に仕事できるってだけで、この会社にいる意味あるよなーと思える
他の会社にいって、これと同じくらいきつくて、でも周りにこういう仲間ができない環境だったら実際かなりつらいよな・・・
奴らはみんな一生の宝だ

今計画中なのは、夜中過ぎに役員会議室の窓を前回にして、お酒とおつまみ持ち込んで映画館紹介
問題は映画の途中で全員寝るんじゃないかってこと
ほんとあほだよなー  
Posted by nao_hiko_ at 02:48Comments(2)TrackBack(0)

2006年01月27日

左様なら

ボーナスの時期です
バンキングではイコール移動の時期です

お世話になった人が転職を決意し辞めていく
しかもどうしてか、彼らは辞める当日まで人に言わない
だから朝来るといきなり「今まで有難う」みたいなメールが流れるのです
ずるいよね
自分は心の準備決めて腹くくって
最後にありがとうの気持ちを伝えているんだろうけど
いきなりそんなこと言われても、ショックと驚きで感謝の気持ちまでいかないよ
別に悲しいことではないのだけれどね
やっぱり寂しい

まぁ言ってもネガティブな移動は、景気のお陰かまだあまり見ていない
みんな思うところあって平行移動したり、ネクストステップを踏み出したりしてる
そうやって人脈が作られていくってい側面があるのも事実なわけだ

1mmのブロックで積上げられたマウントフジになりたい

  
Posted by nao_hiko_ at 23:12Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月26日

ざっぱーん

つなみだよー
にげろー
うわー

ごぼごぼごぼ・・・

まだまだそんな感じ
でも年始まってからたくさん息すったしね
しばらくは息止めて泳いでみよう
大体一年生が入ってくるまであと2ヶ月しかない
勉強しなきゃいけないことは山(富士山級)ほどある
次から次へわからないことの連続
勉強しては作業しては勉強の繰り返し
一つ一つ自分の血に、肉にしていかないとね
時間がもったいない
っていうかこんだけ働いているのに割りにあわない
どれだけ成長カーブを高めれられるか
人の2倍働いたら、人の3倍成長してやる  
Posted by nao_hiko_ at 09:22Comments(2)TrackBack(0)

2006年01月23日

携帯電話:一歩前へ

ff9cc44e.jpgきたねー。久しぶりにワクワクしたぞ。
4GBのHDD付携帯電話。
この容量の限界をクリアしたことで携帯電話のマルチメディア化が大分進むはず。
音楽もテレビも写真も、携帯電話で使うことに限定したような今の状況から大分解き放たれるはず。
今回はまだカメラも325万画素(それでも携帯電話最高水準)で、ワンセグ(テレビ)にも対応してないけど、これは大きな一歩だ。

久しぶりに買い替えちゃおうかなー

詳細  
Posted by nao_hiko_ at 15:35Comments(3)TrackBack(0)

念のため

誤解がないように書いておきますが、僕は個人的に堀江さんのことが好きですが、だからと言ってライブドアに容疑がかかっている法的問題が仮に事実だったとして、それらを正当化する気はありません。
ルールはルール。
粉飾決算は犯罪なのです。
例え狙い撃ちで捜査されたのだとしても。
それはそれ。
みんなやってるんだから、なんて子供のいい訳です。

さておき。
風邪が悪化しております。
正直辛いです。
早く家に帰りたいです。  
Posted by nao_hiko_ at 13:38Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月22日

喉と花

数ヶ月ぶりに風邪をひいた
雪のおかげかな
鼻かみすぎて鼻頭が痛い
マスクをして寝る
一人暮らしはこういうときに困っちゃうね
みなさんもおきをつけを  
Posted by nao_hiko_ at 11:14Comments(2)TrackBack(0)

2006年01月20日

ほりえもんショックシリーズ1:テレビ局

しばらく堀江さんにまつわる話で感じたことを書こうかと
一発目はやっぱりこのテーマで。

だって堀江さんがああいう目にあった後のテレビ、もうやりたい放題なんだもの
なんていうか、「ほれみたことか!」「ざまあみろ!」的なものが多くて多くて
その内容ときたら、番組構成は一部抽出と偏見に溢れてめちゃくちゃ、コメンテイターは鬱憤晴らすような勘違い発言ばかり
勘弁してほしいよね全く

テレビ局に行った僕の友達はとても優秀だけれど、その子の行った日本で三本の指に入るようなキー局でさえ、吐き気さえするような報道番組を毎日垂れ流してる
(エンタメ系は秀逸なものも多いのだが…)
もともと期待もしていないが、テレビ局にジャーナリズムなんてない
あるのは広告の先にぶら下ってるお金に目が眩んで、既得権益を守りたいがゆえに成長と変革を忘れ、事実を伝えるのを怠り偏見と主観をフルに利用した、抜け殻同士の視聴率獲得合戦だけだ

彼らは堀江さんを「モノを右から左へ動かしただけでお金をもうける錬金術師だ」という
彼の所業を錬金と言うのなら、テレビ局に自分たちが何を動かして、あれだけ巨額の「錬金」を行っているのかよく考えてほしい
「法律を犯さなければ、お金を稼ぐために何をやってもいいなんていうのは通らない」
なるほど面白いじゃないか
B1サイズに印刷して、是非とも局内中に張り巡らせて頂きたい  
Posted by nao_hiko_ at 15:56Comments(4)TrackBack(0)

2006年01月18日

不思議なもので

精神的にまいっているって時なのに、何故かがんばっていたことが実を結び始める
今の環境はすごく恵まれているなとつくづく思う  
Posted by nao_hiko_ at 15:52Comments(0)TrackBack(0)