2007年10月25日

金融業とは


金融業

例えば世界が漁業で出来ているとするとこうです
1. 漁師さんが毎朝魚を獲ってくる
2. 魚を市場で競り(セリ)に出す
3. 魚屋さんは市場で魚を競り落とす
4. 魚屋さんはその魚を料理屋さんに卸したり、お店でお客さん(消費者)に魚を売ったりする
ここで金融業(ここでは"業者"といいます)の登場です
a. 漁師さんは漁に出るための船を買う。自己資金だけではとても買えないので、業者からお金を借りる
b. 漁師さんは嵐にあって頑張って買った船が壊れると生きていけないので、業者を使って保険をかける
c. 漁師さんは自分の獲った魚をより高く売る為に業者に一旦預ける。業者は出来る限り高い値段をつけて魚屋さんに売り、代金の一部を懐に入れ、残りを笑顔で漁師さんに渡す
これが"基本"です
(ちなみに、aの業者を銀行、bの業者を損保、cの業者を証券会社(投資銀行)と呼び、一般に金融業と括ります)
ここからは"応用"です
d. 漁師さんは、より大きい船を買うために、手数料と金利をたくさん払って、沢山の業者から少しずつ借りる
e. 漁師さんは、魚屋さんの需要によって魚の値段が変わるのが嫌なので、手数料を払って業者に定期的に買取ってもらう契約をする(或は保険をかける)。
f. 魚屋さんも、魚の値段が変わるのが嫌なので、手数料を払って業者に一定の値段で魚を卸してもらう
g. 業者は海の向こうの市場から、珍しくておいしそうな魚を仕入れてきて、魚屋さんに売るか(何処で誰がどうやって獲って、実際美味しいかは別の話)
h. 料理屋さんや魚屋さんも実は業者だったりする
i, j, k, l, m....

漁師も魚屋さんも、なんとなく業者に掠め取られているような気がしますが、基本サービスは必要不可欠なので利用せざるを得なく、応用サービスも話を聞くと便利そうだから利用してしまうのです
そして気が付くと、業者は漁師の何倍(時には何十倍、何百倍)もお金持ちになり、毎日極上の魚を食べました
一方漁が上手にできなかったり、アクシデントで漁を中断せざるを得なかったり、金利を払えなくなってしまった人たちは、職を失い、病気になり、生きていくのでさえも精一杯になりました
ある町の漁師が一年間に魚を売って得るお金を、ある町の業者は数秒で稼ぐようになりました
ある町の子供が路上で一年と生きることなく死んでいき、すぐ隣の町ではその子供が一年命をつなぐ為に必要なお金の何千倍、何万倍もの家が飛ぶように売れていきました
  

Posted by nao_hiko_ at 01:12Comments(1)TrackBack(0)

2007年10月10日

包帯とレシピ

久しぶりにいい映画を観たので紹介します

"包帯クラブ"
高校生の主人公達が他人の、友人の、自分の心の傷に包帯を巻き、痛みを分かち、前に進もうとする姿を描いた映画です
傷の舐めあい的な映画は好きではないので観るのに一瞬怯み、序盤の絵の撮り方にストレスが溜まり席を立ちそうになりましたが、最後まで観ると意外にめっけものでした
とにかく柳楽優弥の演技が秀逸
石原さとみもいい
クライマックスでディノ(主人公)が叫ぶシーンには痺れました
高校生の時には、こんなにも友人や他人を思い遣り、自分の内側を曝け出し共有できるような友人と何かにぶつかることは無かったな
ただただ余裕がなく、社会に、学校に、時には友人や親にさえも敵意をぶつけていた気がする
そして時たま触れる人の優しさや大きさを感じるにつけて、あぁなんて自分は小さいんだって感じてた

"幸せのレシピ"
料理を仕事とし、仕事を自分に置き換える主人公ケイトと、自由に、そして我が侭に人生を謳歌しようとするニックの純正ラブストーリーです
上手い具合に胸の裏っかわを引っかくところは王道といった感じです
真面目さがゆえに空回りする主人公が、ニックの不完全さに絆されていく姿はとても愛らしいです
恋愛映画なら「これくらいが当たり前」と思ってしまうけど、当たり前のことをできる映画は多くなく、久々に良質な時間を過ごせました

映画はいいよね
一番手っ取り早く現実からトリップできるので、週末は暇を見つけては映画を観ています
次は"ミルコのひかり"を観る予定です

なにかいい映画があったら教えてください
  
Posted by nao_hiko_ at 00:32Comments(1)TrackBack(0)

2007年10月02日

惰性な一日

一番ストレスが溜るのは、問題があるのに取り組まず、やるべきことを先送りにして一日を終えた時だ
臨戦体制で待ち構えているならいい
やることは無くとも、やる気は見せて欲しい
上が動かないならもう自分で動かそう
それでも駄目ならいっそしばらく忘れてしまおう
  
Posted by nao_hiko_ at 02:36Comments(0)TrackBack(0)