2005年05月26日

生きるということ


まずコメントをくれた方々、ほんとうにありがとう。
今まで書き込んでくれている方も。
基本的に会社からはライブドアや2chを初め、多くのWebがブロックされていて、なぜか記事の投稿はできるのだけれど書き込みはできないのです。
なのでレスが遅れてしまいがちだけど、ちゃんと仕事から帰ってからするのでお許しを。
でもすごく励まされています。ありがとう。


今度ある本の一ページに載るらしくて、その記事のお題で「あなたのコアとなることを3行の言葉にまとめてください」みたいなのがあったんです。
いい加減なことを書きたくないのでいろいろ考えているんだけど、ちょっと最近つまり気味。
っていうか忘れている気がします。

就職活動をしてる時って、学生でありながら片足を半分社会に突っ込んでいて。
でその突っ込んでみた足が感じる温度とか、心地よさとか、刺激とかを確かめながら、自分が飛び込んでみようと思える場所を探しているわけです。
現実がどうかはさて置き、学生にしてみるとその飛び込む場所はあたかも人生を方向付けるかのように重大な選択に見えます。
だから自分の過去を振り返り、今どういう状況にいて何を望んでいて、将来的にどうなりたいのかってことを、有り余る時間を使ってくそ真面目に考えていました。
そして就職活動では、考えているだけじゃなくて実際に相手に語らなければいけません。
語るからには語るだけのものを自分でしっかりと持っていなきゃいけないので余計真剣に考えるのです。
で就職活動が終わりに近づいたころにはだんだん自分の中でも固まってきて。
考えなくても語れるようになったのです。

そして社会人になりました。
いろいろなことが変わりました。
学生の頃は選択肢が無限でしたが、今は過去に加え、現在と近い将来までが決められています。(もちろん将来は変えることもできますが)
時間も有限で、湯水のように使うことはできません。
自分の行動に目に見える形で責任が伴います。
口座に毎月のバイト代とは比べられない額が入ってきます。
馬鹿みたいに寝ていたけれど、今は平日3〜4時間睡眠です。
そういう大きな事から小さな事、現実的な事から概念的な事まであらゆることが変わるのです。
その急激な変化のおかげで、良くも悪くも見失ってしまったのだと思います。
昔考えていたことを。
もしかしたら変わってしまったのかもしれません。

でもそれはそれで自然なことだと思うのです。
環境が変われば少なからず自分も変わります。
大切なモノもちゃんと触れていないと見えなくなってしまいます。
だからいつも自分に語りかけるんです。
そうしなくても時間は過ぎていくのだから。
流れに乗っかっていても、自分の将来への舵をとるのはいつも自分でありたいのです。
してもしなくても何処かに着きます。
それでも何処に着くかはしっかり見定めていたいのです。
例え始めに思い描いていた所と違ったとしても、それが僕にとって”生きる”ということだと思うのです。

今の自分はかっこいいだろうか。
数年後振り返ったとき、後悔していないだろうか。
自分の歩んでいる道はどこに繋がっているんだろうか。
そしてどんな自分でいるんだろうか。
仕事とは。恋人とは。友達とは。家族とは。
どう生きたいか、そしてどう死にたいか。
自分にとっての幸せってなんだろうか。

そんなことを考えていたら、心が不思議と静かです

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nao_hiko_/23164185
この記事へのコメント
たまたまこのブログを見つけて以来いつも拝見しています。

迷ったときや悩んだときにnaohikoさんのブログを見ている

と元気が出てきますし。

そしてわかりやすくしかも的をついている言葉の数々。

なんか哲学者みたいですね。いつも感心して見ています。

これからも体に気をつけて頑張ってくださいね。
 
Posted by sekki at 2005年05月26日 22:03
はじめまして書き込みありがとうsekkiさん。
こんな自己満足的なブログでも、そうやって読んで元気が出てくるなんて本当に嬉しいです!
それだけでもこのブログの存在価値があるような気がします。

哲学者かーなるほど。
何度か興味があって勉強したことがありますけど、ベースになってるメンタリティみたいなのは共通する部分があるかもしれないですね。
でも彼らは、それが後世に学問として体系立てられるまで突き詰めたっていうのは本当にすごいことだと思いますし尊敬してます。

これからも時々気が向いたら書き込みしてやってくださいね◎
とても励みになるので。
Posted by ナオヒコ at 2005年05月27日 01:01
お疲れ様です。
>今度ある本の一ページに載るらしくて
どの本か教えてください(笑 チェキっときます(笑

社会人になると学生の時に考えていた、想像していた尺度とは全く異なる尺度を日々の生活の中に導入しなくてはいけませんよね。最初のうちは大変なのではなくて、多少の調整が必要なだけで直ぐ慣れます。生活だとか環境とかの外的要素が幾ら変化しても、貴君の思考の源泉である軸は徹底的に守り通してくださいね。外的要素の変化が恰も貴君の思考だとかその軸を変えなくてはいけないかのように作用することも多々ありますが、そこで曲げたら今までの努力は崩れてしまいますよ。
Posted by KKR at 2005年05月27日 02:16
>もしかしたら変わってしまったのかもしれません。でもそれはそれで自然なことだと思うのです。

大変失礼ですが、それは今気分が多少滅入っていて自身に甘えてるだけ。即刻そんな甘えは捨てましょう。自分の甘えを正当化することほど情けないことはこの世にないです…。常にストイックに!貴君の近くに(仕事の内容ではなく)叱ってくれる人は居ますか?貴君の不安要素をエナジーに変え、ぶれた軸を軌道修正してくれる人は居ますか(本来軌道修正は自身で気づいてするものですが…)?
カッコよく生きたいなら、先ず自身を常に律する力を身につけることです。
面識もないのに生意気なことを書いて済みません。ご気分を害されたら謝ります。Anyway, good luck!!
Posted by KKR at 2005年05月27日 02:17
 こんにちは。
ふとしたことが縁で・・・
ずいぶん前から覗かせてもらってます。

”ストカー”ではないです(笑)

 社会に出て、自分を見返せるって本当に大事。
常に、今の自分を精一杯生きていきたいものです。

  明日は ないかもしれない。

atashiはそう思いながら 一歩一歩生きています。
naohikoさんも、ファイト。
 ++時には、気を抜きつつね。
Posted by maruko at 2005年05月27日 09:15
>KKRさん
うーん確かにそうとられるような文章ですね。
ほんと表現力が足りなくてしょうもないです・・・。
でも考えていることはたぶん同じだと思います。

以前、将来どういう仕事をやろうって考えた時に、例えば就活始めた頃はコンサルを目指していたんですね。
その時、社会の一番初めに飛び込むにあったって、最終的になりたい自分の姿がぼんやりあって、そのためにはまずストイックな場所でかっこいい人達と刺激しあいながら自分を叩き上げていきたく、さらにコンサルではマネジメントという抽象的でとらえどころのない能力を敢えて専門能力として磨いてみたいというのがあったのです。
でも其の時は投資銀行というビジネスの存在を全く知らなかったのです。
ひょんなきっかけで知り、人と出会い、語り、そして最終的には投資銀行に飛び込んだ。
これは僕にとって”変わった”ということなんです。
Posted by ナオヒコ at 2005年05月28日 10:42
自分の内的な欲求と照らし合わせて、それがきちんと満たされているなら、コンサルでも投資銀行でもよく、むしろこの会社の投資銀行の方が満たされるんじゃないかと思ったのです。
そこでコンサルに固執するということは、目標に縛られて逆に自分を制限してしまうんじゃないかと。

それは将来の仕事選びでも同じなんです。
この仕事を始めて、いろんな知識を吸収して、様々な可能性を発見できました。
そうすると変わるわけです。とうか広がるのです。
自分の欲求を満たすことのできる道がたくさん見つかるんですね。
それは決して自分の欲求を、軸を妥協するということではなく。
あくまでどう発現するかというレベルでの変化は常に起こっているんです。
新たな可能性が見えたときに
「夢」←「投資銀行」は最悪。
でも「夢」→「コンサル」or「投資銀行」orたくさん になるのは望むところです。
Posted by ナオヒコ at 2005年05月28日 10:43
ただその変化、発見が結構急激で、いろんな個性や価値観を持った人(それもかなり強烈な)に出会うとベクトルが逆をむきそうになってしまうというのも正直な気持ちです。
でもそこは流されるところではないので、ちゃんと自分と向き合って確認していかなきゃなって思ったのです。

時々耳にする「現実なんてこんなもんさ・・・」的な言葉はうざいほど嫌いです。
あきらめとか妥協とか受身でいるのとかを正当化することだけはしたくないです。
なんとなく伝わりますか?

>貴君の不安要素をエナジーに変え、ぶれた軸を軌道修正してくれる人は居ますか
大学時代は話をできて、話し終わるとまたポジティブになれるような友がいたのですが、社会人になって離れて、今は身近にはいないですね・・・。うーん・・・
Posted by ナオヒコ at 2005年05月28日 10:54
でもなにより、すごく真剣にアドバイスしてくれてありがとうございます!
コメントを呼んだときとても嬉しかったです。
インターネットっていう、ある意味人を見限りやすい世界で、そうやって自分の思うところをがつんと言ってもらえるのは本当にありがたいのです。
一方通行にになりがちですからね。ブログは特に。
なのでこれからも時間あるときに書き込んでくれると嬉しいです◎

ちなみに本はポートレートも載るみたいなんで、できあがりが変じゃなかったらお知らせしますね(笑

>maruko
書き込みありがとう☆
ずいぶんってどれくらい?リピートしてもらって嬉しいです◎
明日はないかもしれない、本当にそう思う。
今、この瞬間に死んでも悔いがないように生きていたいよ。
>++時には、気を抜きつつね。
ほっとしたーありがとう◎
ブログ、遊びにいくね
Posted by ナオヒコ at 2005年05月28日 10:57
Valuable details. Lucky me I ran across your site accidentally, and Now i’m shocked exactly why this accident would not happened before! I saved it.
Posted by heel pain at 2013年04月27日 21:24