2006年12月22日

超短期的視点

常に成長。この時間も勉強。明日は一回り大きな自分。
毎日毎日仕事と勉強のサイクルを凄い速さで回しまくっていた。
そしてそのバランスが崩れると、すごくやきもきしてた。

「別に今年の評価が悪いからって、どうってことはない。お前のバンカー人生は1〜2年で終わるものでもない。大切なのは最終的にどこに立っているかだ。」
という言葉にはっとさせられた。

1年目は本当に猛烈に働いてた。0からのスタートだから、成長もすごく実感できるほど早かった。
でも2年目になって、その成長スピードは流石にぐっと緩まった。
当たり前だよね。できることが増えているのだから。
だからといって焦るこたーない。無理して仕事を沢山背負いまくって自分を追い詰めることもない。
自分を見失わず、中長期的に自分が何をやりたいのか。
そのために今何をしないといけないのか。
だから明日何をするのか。
どんな本にも書いてあるような当たり前のことに改めて気づいた今日この頃でした。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nao_hiko_/50857460