2006年12月31日

獅子の如き親友へ


「おつかれぃ!」
バシって握手して肩ぶつけて
「Paul最近調子どうなのよ?」ってニヤニヤしながら会話を始める
うちらが話してる時って大抵いつも笑ってるよね
んで何か大変なこととか嫌なこととか辛いこととかあると気持ちいいくらい腹割って話して
大抵話すほうは淡々としてるのに、何故か聞いてるほうが泣けてきて
「いやいやお前が泣くなよ」って言ってまた笑ってる
そんなんばっかだ
最近してなかったので近況報告を

仕事は順調にいってるよ
最近は去年に比べて大分楽しい
やっぱり初めの一年間ってのは大変なもんなんだね
今振り返ると
去年の28日の日記読み返したら、荷造りも手をつけないまま飛行機が出る数時間前まで働いていたのを思い出した
ありえないよな
ありえない会社なんだよ
まぁ泥まみれになって気合と根性でここまで踏ん張ってきた
よく辞めなかったよ
意地でも辞めてやらんって思ってたけど
結構昔の自分の日記読むと面白いよ
まさに奮闘記って感じでさ
他人が読んでも意味分からないだろうけど
自己満足だからいいんだ
日記つけてる?時々ブログ書いてるよね
もっと書けよーみんな以外に読んでるよ

そうそう、この前先輩にさ「いやぁ君が入ってきて、初めて一緒に仕事をした時はいったいどうなることかと思ったよ」って暴露された
普通にショックを受けてたら「まぁでもほら、一年たてばこうやって一人前になるんだから」なんてフォローを…
まぁ努力すれば報われるってことでここはひとつ
今年の年末はその彼が「君は休むに見合うだけの働きをしているんだから、後は気にせず休んできなさい」って送り出してくれたんだよ
「何か起こったら僕がなんとかするから」って
かっこいいよねーしびれたよ
同じセリフをいつか後輩に使おう
おかげで今年も両親と日本から離れたここで年越しを迎えられると
(ちなみに実際は仕事が飛んできて、さっき必死の思いで仕上げたんだけどね)

そういえば去年のクリスマス、カードをくれたよな
覚えてるよー
  に似合わずちょっとよれよれの字で
「獅子の心でがんばれ」と
今でも変わらず冷蔵庫の扉に張ってあるよ
へこたれそうになる度に、何度も読み返して自分のを奮い立たせてる
この心は  がくれたんだよ
誰よりも「獅子の心」を持っているのは  だ

その手の感触も息遣いも笑い声も表情も口調も身振りもどれもこれもえらいリアルで、今も携帯鳴らしたらすぐにでも話せそうな気がするよ
ちょっとはにかんだ感じで電話口にでる  が容易に想像つくよ

年が明けたら会いに行くよ
かねさかの寿司をまた弁当に包んでもらって持っていくよ
「今まで生きてきた中で一番美味い寿司だ」って喜んで食べてたあの寿司だ
どうせろくなもん食べてないだろ
この世で一番美味いから

何年経っても絶対に忘れない
忘れられない
  のお陰で俺は今ここに立ってる
この先どんなことがあっても逃げずにがんばっていくよ
俺には  がくれた獅子の心があるからね

心からの感謝と尊敬を

Paul

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nao_hiko_/50866256