2007年04月25日

新風

毎年4月になると少しだけ空気が軽くなる
気合いの満ちた一年生が入ってくるお蔭だ
自ら荒波にもまれようとしている彼らはとても眩しくて、以前の自分を懐かしむと共に、この2年間でどれだけ精神的に老けた(成長なら良いのだけど)のか思い知らされる

惰性で仕事をするのは時間の無駄だ
別に強制されてるわけでも嫌々やっているわけでもない
数ある可能性の中から、自分で「選んで」ここにいる
選べたはずの未来を切り捨てて、今を選択しているんだ

日々の仕事に情熱を

今はしばしの睡眠を・・・


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nao_hiko_/50978645