2007年07月10日

ブルドック関連: 珍事


--------------------------
「当社の製品をご存じないので、株主になることはできません
あなたがある会社の株式を購入しようとした時、会社からこう言われるのを是とするか非とするか。
もしくは、既に保有している株式を買い増そうとした時に、
「当社をどのように経営していくのか方針を示していただけないと、買い増しはお断りします」
と言われるのを是とするか非とするか。
舞台を東京高等裁判所に移したブルドックソースと米投資ファンドのスティール・パートナーズの法廷闘争のポイントを分かりやすく表現すると、上記のようになる。例に挙げた「あなた」はスティール・パートナーズ、「当社」はブルドックソースに置き換えられる。
http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/nbonline.cfm?i=2007070500011cs
--------------------------
昨日東京高裁はスティールを「濫用的買収者」と認定しました
「彼らは泥棒猫であり、餌をやって追い払ってしまえ」と「法的」に認めた形です

なんとも世の中には不思議なことが起るものです
冷静かつ理性的、中立的な判断をすべき司法が、極めて感情的かつ主観的な判断をしてしまいました
裁判長である藤森氏の判決の根拠は、明らかに偏重かつ非論理的な内容です
彼が資本市場について、企業価値について、熟慮し理解しようとしたとは到底考えられません
根拠に一々反論するのは自分が馬鹿みたいなのでしませんが、買収防衛策の適法性を認めるのみならず、スティールを「濫用的買収者」と「法的に」認定したことは余りに浅はかです
また、本件を担当した岩倉弁護士はプロとしていい仕事をしたと思いますが、ブルドックの池田社長は別です
世間では彼女を「決断の人」と評価する風もありますが、私から見れば感情的で愚鈍で上場会社の経営者としての資質を明らかに欠く残念な人です
株主総会の答弁内容を見ても、株主に判断材料として提供されるべき情報が故意か過失かなおざりにされており、その点を質問されても質問内容が理解できないところ見ると、まさになんとかにつける薬はないと言ったところです

せっかく資本市場が整備され開放されてきていると思ったら、想定外の情けない横槍が入りました
極めて意外で、世の中いったいどうなっちゃってるの?というのが正直な気持ちです
まさに時計の針が逆戻りしています
この事例を持って、いわゆる欧米的経営に対する回答としての日本的経営と世界に判断されるなら、とても恥ずかしくて、まさに「穴があったら入りたい」という感じです


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nao_hiko_/51126312