2008年09月15日

時代の節目

数年後になって今を振り返れば、「時代の節目」だった
そんな風に思うのじゃないだろうか

ベアスターンズがJPモルガンに救済され、メリルリンチがバンクオブアメリカに買収され(事実上の救済か)、リーマンも何らかの方法で救済されると思っていたら破産法の適用を申請した

サブプライムの問題が徐々に顕在化しはじめていた去年夏、サブプライムマーケットの仕組みを知るにつれ、そして末端のサブプライムローンがどのように組成されているのかを知るにつれて、これは時代を変えるだけのインパクトがある、そう思いそう周囲にも話していたのだが、図らずもその通りになってしまった
これから先、世界は一体どうなるのだろうか

この若さで、この時期に、こんな世界が変わろうとしている激流の正に真中に身を置けていることに感謝したい

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nao_hiko_/51741963